予防歯科(アフターメンテナンス)・難症例集

メンテナンスの重要性

まともな歯科医のもとで歯の治療をすれば、その直後は誰でも「しっかり噛める」「見た目もきれい」という状態ではないかと思います。
しかし歯は毎日使うものです。
インプラントは天然の歯と異なり、虫歯になることはありません。ただし歯周病に対する抵抗性は低く、炎症が起これば急速に進行します。インプラントといえども、毎日のお手入れを怠っていると天然の歯を抜歯するのと同じようにインプラントを除去しなければならない、という状況も十分に考えられるのです。

ですから、治療によってよりよいものとなった口腔内の状況を、どれだけ長く保てるか。これは治療そのものよりも遙かに重要なことといえます。

当院が重視するのは、「セルフケア」と「プロフェッショナルケア」の両立です。
当院の歯科衛生士がセルフケアの指導をさせていただき、定期的にご来院いただいて検診を行い、またプロの手によるケア「PMTC」を実施します。
この両軸によって、歯は最善の状態を長く保つことができます。

PMTC

プロが専用の機器を用いて歯を徹底的にクリーニングするのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。
患者さまの生活習慣や治療の経緯も含めてドクターと衛生士が連携し、効果的なクリーニングの周期をご提案いたします。
3~4カ月に1回程度、定期的にメンテナンスを行うのが目安となります。

どなたであっても毎日の歯磨きだけでは、どうしても落としきれない歯の汚れがあるものです。歯に付着したバイオフィルムや歯垢を、微粒子の研磨ペーストを使って丁寧に取り除きます。

定期検診

インプラントやセラミックで治療した嚙み合わせを長持ちさせるには、不具合やトラブルを最小限の内に発見して調整する定期検診が欠かせません。
お口の中をチェックして、歯石があれば早く取り除いてしまいましょう。もし虫歯や歯周病があれば早期発見・早期治療することで、お口を健康な状態で維持することができます。
自覚症状が出てからではなく、定期的なメンテナンスをすることが、長い目で見れば時間的にも経済的にも患者さまのコストを低減することにつながります。

予防歯科・メンテナンスに対する当院の考え方

患者さまがご来院された際に、ご自身でケアしきれない部分のケアを行うのはもちろんのこと、患者さま一人ひとりそれぞれに合わせたホームケアの方法をしっかりと考え、実際に実践していけるよう指導、補助を行うよう心がけております。
スタッフ一同、ドクターとも連携をとりながら、どうすれば患者さま自身にあった、セルフメンテナンスを行っていけるのかをライフスタイルもふまえ、最善のご提案を考えていければと考えております。
そのためにも患者さまとのコミュニケーションを大切にし、いつまでもおいしい食事がとれるようにという目標をともに、歩んでいければと思っております。

難症例集

 
 
 
 

オールセラミック

 
 

ラミネートベニア

 
 

ガムブリーチ

 
 

ホワイトニング

 
 

インプラントのケース

抜かないといけないと言われた歯を元通りにしたい(単独植立症例)

Yさん/3i

臼歯部単独 治療前

治療後

部分的な入れ歯をなくしてしまいたい(複数植立症例)

Oさん/ITI

臼歯部複数 治療前

 

治療中

 

治療後

折れてしまった前歯を元に戻したい(前歯部審美即死埋入症例)

Kさん/即時埋入

NT即時埋入 治療前

 

治療中

 

治療後

完全になくなった歯を治療にきたその日からインプラントにしたい(即時埋入即時負荷症例)

Yさん/NT

即時負荷

 

レントゲン写真

 

治療後