2012.11.30更新

 大阪審美インプラントセンター 副院長の須田剛義です。

今回のアメリカ研修でボストンで学生を指導していた時に
人生で初めて一回法のホワイトニングをしてもらいました。
久々に患者になると緊張しますね。

これが結果です。


丁寧に歯のクリーニングをしてもらってから
ZOOM!という機械を用いて、その日一日でホワイトニングをしてもらいました。

感想は
かなり白くなったけれども、その後痛かったというものでした。

須田歯科にも多くの患者さんがホワイトニングをされるのを希望されます。
ほとんどの場合において、
私は一週間かけて家で自分で行うホームブリーチンングを勧めてきました。
今回の私の経験から言わせてもらいますと
一日でするホワイトニングはあまり勧めたくはないですね。
時間をかけてでも、痛みの少ないホームブリーチング法を選択した方がいいのではないでしょうか。

須田歯科では、最新の技術を用いて
患者さんの審美的欲求にかなえる様にスタッフ全員で取り組んでいます。
綺麗な歯であっても、噛めなかったり長持ちしなければ意味がありませんから
一流の知識と技術で、その患者さんにあった最良の治療を提供しています。
なにかお困りの事があれば、気軽にご連絡ください。

投稿者: 須田歯科

2012.11.12更新

 大阪審美インプラントセンター
副院長の須田剛義です。

毎年指導を行っています母校である
タフツ大学歯学部補綴科大学院の平山教授の
インタビューが今月の新聞クイント
に掲載されていました。

言葉では表せれないほどにお世話になっており、
学生時代には、とても厳しく指導していただきました。
卒業したてで、臨床もあまり出来なかった自分を
一流の臨床医に育てていただいて、いつも感謝しています。

平山教授以来の補綴科での日本人という事だったのですが、
日本語で会話をしたのは、卒業してからというぐらい(!)
他の学生と平等に扱って頂いて、そのおかげで甘えず頑張れたかもしれませんね。

一度みなさんも彼のインタビューを読んでみて下さい.
クリックすると大きくなります。

投稿者: 須田歯科

2012.11.12更新

 大阪審美インプラントセンター 副院長の須田剛義です。

毎年恒例のアメリカでの研修に今年も行ってきました。
10月22日から31日までがボストンでタフツ大学大学院補綴科にて
Adjunct Assistant professorとして、学生の指導を行い、
(IPS細胞がらみの学歴詐称事件で嘘っぽいですが、本当です。)
11月3日までボルティモアにてアメリカ補綴学会に出席してきました。

毎年、学生の指導を行っていますが、
タフツ大学の学生はいつも素晴らしい学生が多く、
世界の歯科の未来は明るいと感じます。

ハリケーンサンディーの影響もあり、
一日、全く外に出れないような強風が吹き荒れていましたが、
何事も無く過ごす事ができました。
ニューヨークに直撃でしたが、
東京と大阪ぐらい離れたボストンでも威力は強大で、
こんな感じで木が倒れていたり、郊外では停電になったしていました。

投稿者: 須田歯科

2012.11.04更新

大阪審美インプラントセンター院長の
須田宜之です。

本年度の
AAP(米国歯周病学会)の第98回年次大会がカリフォルニア州ロサンゼルスで平成24年9月29日より10月2日まで開催されました。
今回の学会は米国の西海岸での開催でしたので、日本歯周病学会との協賛で開催されました。


多くの日本人歯科医師の方々や歯科関係の職種及び協賛業種の方々が参加されました。学会パンフレット冒頭ページには、米国歯周病学会会長(Pamela K. McClain, DDS)、日本歯周病学会会長(新潟大学歯学部教授 吉江弘正先生)の挨拶が有り日米共同開催を感じさせました。

メインの学会発表者は日本の大学関係者は皆無で、長時間の正式な臨床教育講演をされた方は宮本泰和先生(
JIADS理事長)と若手の築山鉄平先生(須田歯科副院長のタフツ大学留学時代の学友)のみでした。
歯周治療及びインプラント治療に関する米国との格差が未だ未だ可成り有る事を今年も実感致しました。


 

新しい器材、材料の展示が広大な業者展示会場に有りました。
日本では手に入れられないものが多く、須田歯科通院の患者様に提供させて頂こうと思っております。


投稿者: 須田歯科