審美歯科

オールセラミック

審美性が高く、金属アレルギーの心配がある方におすすめなのが、金属を全く仕様しないオールセラミック治療です。
天然の歯に近い色調と透明感があり、すぐれた審美性を持っています。また金属を使わないため、歯や歯茎が変色してしまうこともありません。

メリット

  • 天然の歯に近い、自然な透明感
  • 金属アレルギーの心配がない、体に優しい素材
  • 歯の根元や歯茎への変色がない

デメリット

  • 強い衝撃によって欠ける可能性がある
  • 嚙み合わせの状態によって、適用できない場合がある

ジルコニア

人工ダイアモンドであるジルコニアもまた、金属アレルギーの心配がなく体に優しいセラミックです。非常に強い靱性、耐久性、耐食性、耐熱性があり、それでいて軽さと美しさ、高い生体親和性をあわせ持ちます。

メリット

  • 見た目が美しい
  • 割れにくいため、ほとんどの部位で使用可能
  • 金属を使わないので、金属によるアレルギーや変色の心配がない

デメリット

  • 強い衝撃によって欠ける可能性がある
  • 嚙み合わせの状態によって、適用できない場合がある

セラミックインレー(e-max)

全体がガラス(二ケイ酸リチウムガラスセラミック)による、セラミックでつくられている詰めもの(インレー)です。天然の歯以上の透明感と色調のきれいさがあり、もちろん金属アレルギーの心配もありません。
以前と比べて適合精度が高くなっており、自信をもっておすすめできます。

メリット

  • 見た目が美しい
  • 強度にすぐれ、食い縛りや歯ぎしりのある方にも有効
  • ジルコニアよりもコストが低い

デメリット

  • 透明度の高さから、中の歯の色が透過してしまう
  • ジルコニアと比べて色の調整に制限がある
  • 経年変化により透明感やつやが劣化する場合がある

ラミネートベニア

歯をうすく(約0.5~0.8mm)削った部分に、付け爪のように貼り付けるセラミックシェルです。手早く安全に歯の色・形を補強することができます。
歯が欠けている、歯と歯の間にすきまがあるといった問題を手軽に改善したい方におすすめです。

メリット

  • 短期間で治療を終えることができる
  • 天然の歯を削る量が少なくすむ
  • 歯の神経を取るようなことがない

デメリット

  • 上の前歯くらいにしか使えない
  • シェルが薄いため、比較的割れやすい
  • 歯並びの大きなズレには対応しきれない

ホワイトニング

薬剤を用いて歯の表面にこびりついた黒ずみや黄ばみの物質を取り除き、美しく白い状態にする方法です。
本来の歯を溶かしたり削ったりすることはありませんので、ご安心ください。
医院で短期間に行うオフィスホワイトニング、専用のトレイを使ってご自宅でじっくり行うホームホワイトニングの2種類があります。

オフィスホワイトニングは強い薬剤を使用するため短期間で効果が出るのですが、痛みがあり、また早くに色戻りしてしまいます。
そのため「とりあえず短期間であっても、すぐに歯を白くしたい」という方には向いているといえます。 しかし長い目で見れば、色戻りまでに時間がかかるホームホワイトニングの方が、施術に痛みも少ないことから、基本的にはこちらをおすすめしております。

メリット

  • 歯を削ることなく、美しい白さを手に入れることができる
  • 比較的短期間で効果を得ることができる

デメリット

  • 効果が永続するわけではなく、一定期間で色が戻ってしまう
  • 人工の歯などにはホワイトニング効果が得られない

ガムブリーチ

薬剤を使い、歯茎の色をきれいなピンク色に戻す方法です。
古い差し歯の影響などで、黒ずみなど歯茎の色が気になる方におすすめです。

メリット

  • お薬を塗るだけの手軽な処置で、痛みはない
  • 1週間に2~3回の施術を、最短2週間で歯茎がきれいに変わる

デメリット

  • 刺激性のあるものを食べると、わずかにヒリヒリする場合がある
  • タバコを吸う方は、処置をしても色が戻ってしまいやすい

院内ラボで、技工物の精度をより高く

須田歯科では、院内に歯科技工士3名による常駐ラボを設置しています。その場でドクターと連携しつつ、患者さまご本人のご要望も伺いながら技工物を作成。高い機能性とこだわって調整した審美性の両方を、より短い納期でスムーズに実現します。
また、より複雑な技工物の場合は、アメリカのオーラルデザイン社に依頼することで、世界最高レベルの技工物をご提供することも可能です。